/

マクロマン利用前の基礎知識

マクロマンをご利用する前に、知っておくと良い基礎知識をピックアップしました。

環境設定

オプション→ 設定→ 「アプリケーション」タブで、環境設定を行います。

※いずれも再起動が必要です。

スクリプト作成に便利

(1)「選択したコマンドの下に新しいコマンドを挿入する」にチェック 「アクションバーのメニュー化」チェックを外すとメニューがアイコンで表⽰されます。
スクリプト作成に便利

ボタン表⽰

(2)「アクションバーのメニュー化」チェックを外す メニューがアイコンで表⽰されます。
ボタン表示

コマンド操作

新規追加

画面左の「コマンド一覧」からダブルクリックで利用できます。

ショートカット

  • コピー:Ctrl+C
  • 貼り付け:Ctrl+V
  • 切り取り:Ctrl+X
  • 削除:Delete
  • 複数コマンドの選択:Shiftキーを押しながらクリック

※ドラッグでコマンドの移動も可能

コマンド有効・無効

有効・無効にしたいコマンドを選択(複数行可)して、右クリック②「選択したコマンドを有効にする」または、「選択したコマンドを無効にする」をクリック
コマンド操作

よく使われるコマンド紹介

Webブラウザコマンド

webブラウザに関係するの操作を行うコマンドです。
  • ブラウザの起動>URLにアクセス>(操作)>ブラウザを閉じるが基本の流れです。
  • 検索ボックスにテキストを入力したり、ボタンをクリックするなど、ブラウザ上の操作は各種機能で設定します。
  • 「要素の検索方法」と「要素の検索パラメータ」で操作する箇所を指定して、「要素のアクション」でどんな操作をするかを設定します。

Excelコマンド

Excelに関係するの操作を行うコマンドです。
  • Excelの開始>ブックを開く>シートの指定>(操作)>閉じるが基本の流れです。
  • ループコマンドや条件分岐コマンドと組み合わせることで、複雑な操作を実現することができます。

入力コマンド

キーボードやマウスの操作を表現するコマンドです。
  • ブラウザの検索ウィンドウにテキストを入力したり、Excelのセルへ値を入力することができます。
  • 特殊キー(CtrlやShiftなど)も入力できるので、Excelやブラウザ上でショートカットキー(CtrlC や、Ctrl Vなど)としても使えます。
  • ウィンドウコマンドと組み合わせることで、ブラウザやExcel以外のシステムにも入力操作をすることができます

ウィンドウコマンド

ウィンドウの操作をするコマンドです。
  • ブラウザやExcelなど画面をアクティブにする
  • Excelマクロのメッセージボックスなど
  • 入力キーでどの画面を操作するかを指定する

バックアップのススメ

マクロマンで処理を実行した後、それを「元に戻す」事はできません。予め変更を加えるファイルのバックアップをとりましょう。